Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

2016年10月を振り返って

10月3日に、大学3年の年(正確には大学3年生ではないのであえてこう言う)が始まった。そして、気付けばもうその10月が終わろうとしている。この調子で11月もあっという間に過ぎていき、12月になれば周囲が年が明けるとソワソワし始め、1月は年末年始の気の緩みが抜けずにダラダラ終わり、いつのまにか2月の期末試験を終わらせて春休みに突入しているのだろう。

 

2016年10月を振り返って

あっという間に過ぎた10月ではあったが、何もなかったというわけでもなく、それなりに振り返っておくべきことがあるように感じるので、一応整理しておく。

 

後期の履修登録が確定した。

まず、第一に振り返っておきたいのは、後期の履修登録をしたということ。自分のキャパシティと相談しながら、悩みに悩んだ上で決定した。

以前、履修登録をするだけして、テストも受けずに不可にしたままだった科目がいくつかあるので、大学院留学に向けてGPAを回復させるためにそれらを履修しなければいけないという情けない事情があり、なかなかに苦労した。

大学では毎年同じ時間に同じ科目が開講されると思いこんでいたのだが、偶然にも僕が通っている大学が学科改変をしたことで時間割が変わってしまった科目がいくつかあったので、いくつかの科目は開講されていることすら気づかず、最初と2回目の講義を欠席してしまったりもした。周りにいる学生とは少し事情が異なることを自覚し、自分で積極的に情報収集をする必要性を改めて感じさせられた。

 

TOEFL iBTを初めて受験した。

10月16日、初めてTOEFL iBTを受験した。受講料は225USD(≒23500円)と決して安くなかったが、自分の英語力と、要求されている英語力とのギャップに改めて気付かされる良い機会となった。

 

初めてチームを組んでアプリケーションを開発した。

プロジェクト自体は8月の段階から指導していたのだが、10月23日にその成果物の発表会があり、一応区切りがついたので10月のイベント事として記録しておく。今回、僕たちはRSSリーダーを作り、僕は特にフロント周りを担当した。

ここでは詳しい話は割愛するが、チームで作業を進めていく中で、学んだことは多く、今後の自分の学生生活の送り方を改めて考えさせられるイベントになった。

この発表会が終わってから、今はAndroidアプリを作っているのだが、これもなかなか楽しい。

 

英語の勉強が思うように進まなかった。

これはイベントごとでも何でもなく、ただの反省なのだが、来月も同じようなことを言っていたくないので、ここに明示しておく。

実際の所、ほぼ毎日Skype英会話をしたり、単語の勉強をする時間を作ったり、ということはしていたのだが、イマイチ成長を感じることができていない。もちろん、英語自体が短期的に劇的な変化が期待できるようなものではないので、当たり前といえば当たり前のことなのだが、もう少しモチベーション管理を工夫して、定量的に英語学習の進捗具合を管理できるようなモノを作ってみても良いのかもしれない。(これから作る)

 

 最後に

11月も同じようなことを言っているなんてことがないように頑張ろう。改善、改善。