Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

あらためてブログ運営について考えてみた。

僕はブログ運営には向いていない

ブックマークバーに登録されているはてなブログのアイコンを見るたびに、「このブログ、どうやって使おうかな」「勢いではてなブログProに登録してしまったけど、全然使えてないな」などということを考えていた。

おそらく、僕はブログをプライベートで運営するということに向いていない(少なくとも現時点では)。

以前、仕事でWebメディア運営に携わっていたからか、ブログで何かを書こうとする度に、「インターネット上で何かを発信するのであれば、それは必ず誰かが価値を感じてくれるものでなければならない」といったような強迫観念に襲われる。それ故に気軽にブログを書いて投稿するといったことができない。

読者に「なんだこの記事、レベル低いな」「読者に対する配慮がない」などと思われることを恐れている気もする。

 

自分のためにブログを書く

インターネット上でビジネスをしていく上で、ユーザーを意識することは重要であり、それはブログ運営においても同様である。読者がいなければ、収益を上げることはできないし、それでは生活自体を継続することもできない。

ただ、個人のブログでは必ずしも収益を目的とする必要はない。つまり、ブログを運営することの目的が、収益を上げることでなくてもよい。(「そんなの当たり前じゃん」と思う人もいるかもしれないが、僕にとっては重要な気付きだった。)

基本的に、僕は自分の時間を費やして、他の人のために何かをするということは嫌いだ。もちろん、それに見合った対価を得ることができるのであれば話は別だが、そうでないのであれば、できるだけ自分のために時間を使いたい。

だから、昔の自分がやろうとしていた「自分の経験をまとめ、他の人の役に立てばよいな」というコンセプトは長続きしなかった。自分の経験をまとめるより先に、自分がもっと経験するべきだと考えてしまい、次第にブログを書く時間は無駄だと感じるようになってしまったのである。

何が言いたいかというと、これまでブログを続けることができなかったのは、自分が「他者のため」にブログを書いていたからなのではないかということ。

だから、これからはまるきり方向転換をして、「自分のため」にブログを書いていこうと思う。

 

自分のためにブログを書くとは?

「自分のためにブログを書いていこう。」などと言ってみたは良いものの、自分のためにブログを書くというのがどうゆうことなのかは正直自分自身もまだよくわかっていない。

とりあえず、当面は、

  1. 感じたことを素直に表現し、自分の精神的な健康状態を維持するためのツールとして
  2. 学んだことを自らに定着させるためのアウトプットの場、備忘録として

この2つを意識してこのブログと接していこうと考えている。

やはり、理想を言えば誰かに役立つブログにしたいといのが正直なところではあるが、まずは他者への貢献を考える前に、自分自身に尽くしてあげることが大事だと今は考えている。自己の充足あってこそ、他者に貢献する余裕が出てくるというものだろう。

とりあえず、気楽に更新していく予定なので、これからもよろしくおねがいします。